「single-blog.php」* 有料カテゴリ:「今日の迷信・余言・禁言」は月額1,200円で読むことが出来ます。// ざっくりとは終了 // Header画像を変更する事

今日の迷言・余言・禁言

未来と運命に対するヒントがいっぱい


「人類滅亡」“火付け役”が「凶災の年」に死亡


1973年11月、その後、日本中で論議を巻き起こした一冊の本を上梓する。五島勉氏による『ノストラダムスの大予言』の発売である。丁度、その頃、日本はなぜか“超能力ブーム”・“オカルトブーム”・“精神世界ブーム”の始まりに差し掛かっていた。高度成長期で、新しいものがどんどん生まれ、庶民の暮らしが豊かに変わり、繁栄を謳歌していたが、その一方で将来に対して“漠然たる不安”が頭をもたげて来ていた時期でもあった。そういう絶妙なタイミングの中で『ノストラダムスの大予言』は発売された。元々、女性週刊誌のライターであった五島勉氏は「1999年7の月…」で始まるノストラダム…

月額会員登録を行うと、その月のコラムを全て読む事が出来ます。

月額1,200


「ex-module-past-post-list-01.php」出力:single-post用の過去記事ループ処理

過去の記事一覧今日の迷言・余言・禁言