「single-blog.php」* 有料カテゴリ:「今日の迷信・余言・禁言」は月額1,200円で読むことが出来ます。// ざっくりとは終了 // Header画像を変更する事

今日の迷言・余言・禁言

未来と運命に対するヒントがいっぱい


「宗教」が世界の「平和」を奪っていく


サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高くなる。人口13億人のインドでは現在「インド総選挙」が行われている。モディ政権が誕生して後、インドでは“ヒンズー至上主義”という宗教的な「生活規範」を国民に浸透させつつある。イスラム教国が、国民に対してイスラム教に基づく「生活規範」を浸透させていくのと同様である。一応、建前的には「世界最大の民主主義国家」とされるインドだが、それは名ばかりのようだ。2017年5…

月額会員登録を行うと、その月のコラムを全て読む事が出来ます。

月額1,200


「ex-module-past-post-list-01.php」出力:single-post用の過去記事ループ処理

過去の記事一覧今日の迷言・余言・禁言