「single-blog.php」* 有料カテゴリ:「今日の迷信・余言・禁言」は月額1,200円で読むことが出来ます。// ざっくりとは終了 // Header画像を変更する事

今日の迷言・余言・禁言

未来と運命に対するヒントがいっぱい


「181年前の心臓」が“街”を守っていた⁉


人体の“臓器”の中でも「心臓」は、やはり“特別な臓器”という印象が残る。その人自身を“象徴している臓器”のような気がするから不思議だ。ましてや、それがアルコールの瓶に密閉され、丁重にブリキの箱に収められる形で埋葬されていたなら、なおのことであろう。しかも、その場所は街のシンボルである“芸術的彫刻が施された噴水”の真下だった。実は、このシンボル的噴水は現在、改修工事の真っただ中にある。その工事によって、ブリキの箱に収められた“アルコール漬けの心臓”が発見されたのだ。「心臓」が誰のものなのかは解かっている。ベルギー東部、スキーリゾートの地として知られるヴェル…

月額会員登録を行うと、その月のコラムを全て読む事が出来ます。

月額1,200


「ex-module-past-post-list-01.php」出力:single-post用の過去記事ループ処理

過去の記事一覧今日の迷言・余言・禁言