「single-blog.php」* 有料カテゴリ:「今日の迷信・余言・禁言」は月額1,200円で読むことが出来ます。// ざっくりとは終了 // Header画像を変更する事

今日の迷言・余言・禁言

未来と運命に対するヒントがいっぱい


新宿の母『手相の真実』は“名前負け”の本だった


私が“栗原すみ子氏”のことを最初に知ったのは55年位前になる。私がまだ子供の頃だ。その頃、既に栗原氏は“伊勢丹横に立つ手相見”として有名になっていた。もちろん直接知ったのではなく雑誌に載っていたからだ。何となく興味を持った。特に私が興味深く思ったのは、テーブルも椅子もなく、立ったまま手相で鑑定していたことだ。しかも、その周囲には“のぼり”のようなものが建てられている。また手書きの手相図がいくつも貼りだされていて、そこに“玉の輿に乗る手相”とか、“結婚できない手相”とか、“大金持ちになる手相”とか、いろいろ書かれている。何となく怪しかった。けれども、そこに…

月額会員登録を行うと、その月のコラムを全て読む事が出来ます。

月額1,200


「ex-module-past-post-list-01.php」出力:single-post用の過去記事ループ処理

過去の記事一覧今日の迷言・余言・禁言