「single-blog.php」* 有料カテゴリ:「今日の迷信・余言・禁言」は月額1,200円で読むことが出来ます。// ざっくりとは終了 // Header画像を変更する事

今日の迷言・余言・禁言

未来と運命に対するヒントがいっぱい


日本の「お宝美術品」が各国に眠っている⁉


大英博物館は9月3日、江戸時代の浮世絵師である葛飾北斎の“本の挿絵原画”103点がフランスで見つかり、それらすべてを収蔵したと発表した。それらの作品は順次ウェブサイトで公開し、早ければ来年にも“一般展示する”予定であることをも伝えた。一連の作品は、1829年に本の挿絵として描かれたもので、1948年にオークションにかけられ、その後フランス人コレクターが秘蔵していたものらしく、昨年パリで発見された。今や「葛飾北斎」の名は世界に通用する。日本人のわれわれが観ても素晴らしいと感銘するが、とりわけフランスでの評価が高い。ゴッホなどヨーロッパの画家には“浮世絵”の…

月額会員登録を行うと、その月のコラムを全て読む事が出来ます。

月額1,200


「ex-module-past-post-list-01.php」出力:single-post用の過去記事ループ処理

過去の記事一覧今日の迷言・余言・禁言