「single-blog.php」* 有料カテゴリ:「今日の迷信・余言・禁言」は月額1,200円で読むことが出来ます。// ざっくりとは終了 // Header画像を変更する事

今日の迷言・余言・禁言

未来と運命に対するヒントがいっぱい


歌謡曲から「哀愁」が“失われた”時代


初めて入った居酒屋さんで70年代~80年代の歌謡曲が流れていた。居酒屋の雰囲気の中で聞くと、より以上に“哀愁”が酒のつまりになる。どの歌、どの歌手でも共通しているのは、日本人がもともと備えていた“哀愁”が漂っていて、虚勢を張らずに聴ける、ということである。そう、今の歌には元々“歌詞が判然としない”せいもあるが、曲が残っても、歌詞の方は耳を通り過ぎていく。自分自身の人生を無意識に“重ね合わせる”ことが難しい曲が多い。そこへいくと70年代~80年代の歌謡曲は、別に“聞き耳”を立てていなくても、ごく自然に自分の人生に“重ね合わせられる”歌詞が多い。2000年代…

月額会員登録を行うと、その月のコラムを全て読む事が出来ます。

月額1,200


「ex-module-past-post-list-01.php」出力:single-post用の過去記事ループ処理

過去の記事一覧今日の迷言・余言・禁言